独習マニュアル  > モジュール > Altsysモジュール

 6 - 4 : Altsysモジュール

Altsysモジュールについて


他のモジュールは取捨選択が可能ですが、protectorモジュールとaltsysモジュールは
必須モジュールといえます。
systemモジュールのように最初からインストールされていればいいのですが、残念ながら、trust_pathにモジュール本体がある関係上、まずシステムインストールをした後・・・という事になります。

さて、Altsysモジュールは、ImpressCMSの特長の一つであるトップページなどで表示をさせるブロックの管理やどんな風に表示させるか、どんな項目を表示させるかといった、表示形式のひな形、つまりテンプレートをわかりやすい形で設定をしています。
また、altsys対応モジュールも増えており、altsysの機能を使ってそれぞれのモジュールのブロックやテンプレートの管理を行えるようになっています。

作者のGIJOE氏のサイトにはAltsysについてこんな感じで記述されています。

- わかりやすくブロック管理ができます
- わかりやすく権限管理ができます
- 本来DBテンプレートが持つ性能を活かした形で編集できます
- テンプレート編集の差分を表示します

このモジュールを使う一番の利点は、やっぱりブロック管理と権限管理・そしてテンプレート管理が非常に行いやすいという点が上げられます。

標準のブロック管理は、モジュール毎にブロックを管理するわけではなく、全てのブロックを一律に管理する事になります。また、グループ毎に表示しているブロックが違うので、全体を管理しようと思ったら結構大変です。

標準のブロック管理はこちら
 

この画面ではグループが登録ユーザになっていますが、管理者とかゲストだけが表示するものはここには表示されていません。

それに対してAltsysモジュールは
 

このような形でモジュール毎に分類されているのと、それぞれのブロックがどこで誰に対して表示させるのかがはっきりとわかります。

正直、これがないとブロック管理は非常に困難だと言っても過言ではないでしょう。
AltsysモジュールはImpressCMSにとって必須のモジュールだと言えます。

Publish : 3049 bytes - updated 2016-10-25 by 管理人

ImpressCMS
Tacmic-ATR
わっしょい百万夏まつり