独習マニュアル  > インストール作業 > インストール -1- 準備

 3 - 2 : インストール -1- 準備

インストールの前の準備

インストールをする前に以下の作業をお願いします。

(1) 環境の確認

以下の3つのプログラムがサーバー上で動作することをご確認下さい。
 
* Webサーバー (Apache, IIS など)
* PHP 5.2.5 以降(5.1以降でも動きますが、このバージョンを強く薦めます)
* MySQL データベース 4.1以降


(2) データベースを作成
インストールをはじめる前に必ずMySQLのデータベースを一つ作成して下さい。そして、このデータベースを管理出来るアカウントのアカウント名とパスワードを必ず準備して下さい。
レンタルサーバーをお使いの方は、業者の方に確認ください。

(3) htdocフォルダ内のファイルをコピー
こちらより、ImprssCMS JP Coreをダウンロードして頂き、解凍ソフトなどで展開して下さい。
そして、できたファイルのうちのhtdocフォルダ内のファイル及びフォルダを全てウエブのルートにアップロードしてください。

アップロードが完了したらフォルダの属性(権限)を設定します。
cacheフォルダ、template_cフォルダ、uploadsフォルダおよびmodulesフォルダを書き込み可能(777)に設定してください。(FFFTPでは変更するフォルダをクリックした後右クリックし、属性設定をクリックしすべての書き込み権限にチェックマークを入れてください。)
mainfile.phpについても書き込み可能(666)に設定してください。

(4) trust_pathフォルダをフォルダごとコピー
ImpressCMSではtrust_pathと呼ばれる管理データ及びプログラムを保存するフォルダが準備されています。trust_pathはフォルダは、できればブラウザでみることができないところに設置してください。
trust_pathについては、(3)で取得したファイルのうちのtrust_pathフォルダになります。これをフォルダごとコピーしてください。
アップロードが完了したらフォルダの属性(権限)を設定します。
trust_pathフォルダの中の、cacheフォルダ、modulesフォルダを書き込み可能(777)に設定してください。
また、trust_path/modules/protector/configsフォルダも書き込み可能(777)に設定してください。

レンタルサーバーによっては、trust_pathはブラウザで見ることができるところにしか設置できない場合があります。その場合はインストール時に設定変更する必要が出てきます。

(5)クッキーとJavaスクリプトを有効にしてください。
 

0.1 ヘルプの表示/非表示

インストールの最中、ヘルプを表示することができます。?ボタンをクリックするとヘルプが表示されたり隠れたりします。
慣れた方はヘルプは必要ないとは思いますが、初めてインストールしたり、よくわからなかったりする場合は、ヘルプを見ながらインストールするとよろしいかと存じます。
1. インストール Step 1: 言語の選択  すべてのファイルをコピーし、ファイルの権限設定などが無事に終了したら、ブラウザでインストールするURLにアクセスしてください。インターネット上では、http://yoursite.com、ローカル環境では http://localhost  になリますね。
アクセスすると、自動的にインストールプログラムが開始されます。
 


英語でインストールする場合はenglishを、日本語でインストールする場合はja_utf8を選択してください。
選択後「(Next)」をクリックしてください。
残念ながらこの時点だけは英語になってしまっていることをご了承下さい。

Publish : 5478 bytes - updated 2016-10-10 by 管理人

わっしょい百万夏まつり
ImpressCMS
Tacmic-ATR