ImpressCMS

関連情報

関連情報 > Takarizm

RSS Takarizm

最新情報

器を楽しむ

発行日2020-01-20
いつも鶏刺しは、霧島市溝辺町にある坂留鶏肉店にてまとめ買いしたものを楽しんでいます。 で、普段はパックのままドドーンと食べるのですが 先日ふらーっとクルマで徘徊しているといつの間にか有田町に着いたので、卸センターで器を物色。 鶏刺しに合いそうな器と、愛用している焼酎椀?グラス?とおそろいのものを購入。 早速鶏刺しを並べる。 焼酎のお湯割りを入れる。 なんか、とっても美味しそうに感じる。 ちょっと鶏刺し食べる楽しみができました。 よく考えてみたらパソコンもソフトウエアも、ちゃんとしたアクセサリを加えたら、その価値は上がります。 そんなちゃんとしたアクセサリになるように会社も頑張らんと。 あと、まだWindows7をお使いの方はいらっしゃいませんか? Windows10へのバージョンアップのお手伝いできますよ。  

1月も半ば過ぎですが

発行日2020-01-16
早いもので、1月も半分が過ぎました。 いつも毎日何かを投稿しようと思っているのですが、なかなかできない。 で、今日ある方から毎日くるメルマガを見たら、タイムリーに記事が。 誰に読ませたいかを決めないから、記事をかけないということ。 そりゃそうだ。自分自身に書いていても仕方ないし。 誰に向けてのメッセージを書こうか。 やっぱり、IT化が必要な中小企業の経営者クラスに色んな情報を提供するのが一番いいな。 よし。こんどからそうしよう。 またチャレンジしてみるぞ。  

2020年の鼓動

発行日2020-01-05
2020年が力強く鼓動を始めました。 正月もなく多忙な一日を送られている方、正月休みを満喫されている方 いろいろいらっしゃることでしょう。 私は3日から活動開始!。ただ時々正月休み!という感じですね。 じつは新しいプロジェクトをスタートさせました。 発表は1週間後になると思いますが みなさまにもご協力をお願いすることになるにちがいありません。 ということで、今年もよろしくお願い申し上げます。

2019年いかがでしたか

発行日2019-12-31
みなさんもご存知の通り、今年も365日ほどありました。 昔と違い、いまはスマートフォンにたくさん写真が保存されていますので、その写真を見ながら、私の1年を振り返ってみたいと思います。 2019年1月。 恙無く新年を迎え、二島駅無人化に伴い、安全をJR九州に提案、それがプロジェクトになり、プレゼンに参加。 結果としては不採用。なんということでしょう。提案者が負けてしまうという体たらく。 (現時点では、プロジェクト一体どうなってしまったんでしょうというくらい変わってない)   その後、HKエクスプレスの格安航空券があったので、往復18000円の香港へ。古いアパートをリノベーションしたユースホステルに宿泊。香港もその頃はデモもなく、中国本国人だらけの状況。マカオ にもいけたしいい旅でした。   2019年2月。 業務のかたわら、会社の分析を行うための、ビジネスモデルキャンバスを学びます。自分がビジネスを行うためには自分の会社をしっかりと分析することが必要。そのための大切なツールを学びました。   そして、結婚25年を記念して、本当は新婚旅行で行くはずだったヨーロッパに出発。本当に良い体験ができました。   2019年3月。 ヨーロッパから帰ってきたのが3月の半ば。 当社がコンサルティングを行なっている上津役製作所様のPR動画を日刊工業新聞に投稿していたら、なんと表彰されることに。テレビ番組の取材ということでU字工事さんが上津役製作所へ。肖像権の関係で写せませんが、テレビ撮影という結構面白い体験ができました。   さらに、医学部に進んでいる息子の九州山口のバスケの大会で見事優勝。楽しい思い出を作ってくれたことも忘れてはなりません。 2019年4月。 ひょんなことから、若い子の紹介を受け、1月から3ヶ月間勉強させていた子が、うちの会社で働く意思を固めたことで、アルバイトとして入社。ホームページとPHPを学び始めました。 そして、新しい年号が令和に決定。いまでは当たり前のように使っている令和ですが、令和フィーバーが怒ったようで、うちの会社も築城基地のコンビニの商品としてキーホルダーを作成。結果は残念だったそうですが。。。   2019年5月。 令和元年の初日は、家族で横浜にある当社の東京事務所に集合。楽しい時間を過ごしました。 連休を終えて、しっかりと仕事がスタート。お客様のホームページをどんどん作成していきました。 そして、3月に受賞が決まった上津役製作所様のテレビ番組が放映。大きな評判を呼びました。 動画作成に携わった一人として、良い仕事したよっていう瞬間でした。   2019年6月。 パソコンの今年と来年を占う、COMPUTEXを見学に台湾へ。展示会を見つつ乗り鉄の楽しみを楽しむために平渓線に乗りつつ、学びと楽しみの旅を行いました。 コンピュータは予想通り、ゲームコンピュータとコンパクトコンピュータに二分。情報収集の大切さを改めて感じます。 2019年7月。 特に会社の方は新しいことがあったわけではないですが、我が家に去年に引き続き、燕さんが巣を作って卵からひなを育てました。 燕は幸せの使者と言いますので、毎日毎日楽しみながら見ていましたが、巣立って行って、一抹の寂しさも感じたですねー。   2019年8月。 上津役製作所の見積もりシステムにAIを導入。統計的な学びを実践できました。 そして、同友会のマネジメントゲームの講師を。同友会では特別価格の講師を行なっています。少しでも学びにつながってくれたら嬉しいなとおもうばかりです。   2019年9月。 9月は、お客様のクラウドシステムを立ち上げると同時に、10月に増税になる消費税の対策をお客様のシステムにさせていただきました。消費税も単純じゃないので、なかなか難しいところもあり、お客様にご迷惑をおかけしたのが反省点です。 そして、KURANDOというお店を見つけて訪問。いろんな飲食店の形があり、ビジネスの世界の面白さを実感しました。   2019年10月 消費税が増税になりました。ただ、ラグビーのワールドカップが開催され、非常に盛り上がっていたのと、キャッシュレス還元の中で、消費税の増税がなんとなく霞んでしまったような印象を受けました。 そして、私は大学卒業30年の記念のホームカミングデーに出席。卒業した大学と大学の仲間を改めて感じた瞬間でした。   2019年11月。 毎月の仕事の他に、九州大学の小江教授より動画作成の仕事をいただきました。水から電気を取り出すという燃料電池の研究の第一人者もでもあり、ノーベル賞に近いんじゃないかと勝手に思っており、利益無視の仕事ですが、楽しい仕事をさせていただきました。   そして、2012年12月。 仕事自体は緊急の仕事はありませんでしたが、いろんな可能性を感じさせる1ヶ月間になりました。 プライベートでは、台湾に今年3回目の訪問。 10月から学んでいる台湾中国語の実践の場になりましたが、嫁さん曰くすごく話せている、私曰くぜんぜん伝わっていない、ということで、まだまだ学びが必要だと感じた次第。   以上私とタクミクの1年でしたが、皆さんの1年はいかがでしたか。 2019年もいよいよラスト。 良いお年をお迎えください。  

雨は夜更過ぎに

発行日2019-12-24
国鉄からJRに変わった頃のコマーシャル。 新幹線でドキドキする。シンデレラエクスプレス。 歌詞も、「雨は夜更過ぎに雪へと変わるだろう」 あれから30年。 九州にはホワイトクリスマスが似合わなくなってしまいましたが。 それでもきっとクリスマスイブは特別な日。 日本でも1億くらいの思い出が詰まった日だと思います。 とにもかくにもメリークリスマス。 皆様の心の中にもサンタさんが来てくださるように。  

新しさってなんだ

発行日2019-11-21
友人の結婚式で先週末沖縄に行きました。 特に沖縄に関して何を言うつもりもないですが、車の運転なんかも非常にのんびりしていて 違うなーと思いましたですね。 でいま新しいサービスを考え中。 前の会社の時からいろんな新製品や新しいサービスを考えてきましたが、世の中ではやっているものって 技術的にすごいものなのかといえば、意外とそうでもない。 でも欲しいなーと思わせる。 私が企画して考えるものと何が違うんだろうと考えていった挙句の結論は 「自分がそれがあったら嬉しいかどうか」ということ。 もちろんお客様にとって、それがあったら嬉しいかということ。これに尽きるわけですね。 前の会社では環境商品や環境サービスを色々と考えてやっていましたが、ほぼ目が出ませんでした。 なぜなら、環境商品自体は、それがあることで何も喜びを与えない(コストダウンという喜びはあったけど) そういう視点でやっぱり新しいサービスを考えていかないといけない。 前の会社は、とにかくカネカネカネで、これは売れるんじゃないか?という勝手な思い込みだけでやってたので全然だめだったんでしょうね。 反省することばかりです。

終着駅

発行日2019-11-07
我が家の週末は、1日だけですがとにかく車に乗ってどこかに行こうと。 ほぼ道の駅や特産品市場を巡って、美味しい野菜や果物にありつこうと。 とくにこの実りの秋という季節は、楽しみが多いのでございます。 同時に、JRや私鉄の駅を通れば、その駅を訪れています。 本当は列車で訪れることができればいいのでしょうが、なかなかその機会が巡ってこないし ローカル線になると、待ち合わせの時間が半端ないんで、相当時間を持たないとローカル線の旅はできません。 今回行ったのは仙崎駅。山陰本線の支線です。 クジラ漁が盛んなりし頃は、この支線もすごく盛り上がっていたのではないかと思います。なんといっても立派な駅舎ですから。 でも、今は1日に6本。感覚的には、学生用の路線みたいですね。 普通の駅は、列車は通り過ぎますが、終着駅/始発駅は列車は必ずUターンします。 終着駅は、つまり始発駅。 私達もいろんなエンドとスタートがあります。終了をしっかりと受け止め、新しいスタートをしっかり切れるよう、メリとハリをつけていかないといけないですね。  

築く時間と喪う時間

発行日2019-11-01
11月になりました。 前の会社の時は、10月が決算だったので、11月1日が新しい1年の始まりでした。 その会社を自分の責任で倒産させてから7年半の時が流れました。 うちの親父が昭和54年に会社を始めてちょうど30年で会社をたたみました。 いろんな理由があったにせよ、倒産させてしまったのは事実です。 幸い、いろんな方々の支援のおかげで、今でもなんとか生きていられるのは感謝しかありません。 どんなことでもそうなのですが、経歴とか歴史とか信用とか、築くものは必ず時間がかかります。 今回消失してしまった首里城にしても、4月に燃え落ちてしまったノートルダム寺院にしても 何十年、何百年という時間をかけて築いたものが、一瞬にして喪われてしまいます。 私に対する信用が過去にあったとするならばの話ですが、その信用も喪ってしまうのは一瞬です。 皆さんも経験があるかもしれません。 ずっと信用されていた人や会社から、たった一つの何かが起こったことで、一瞬で信用を喪ってしまうこと。 現在の会社にとって、11月1日という日は、何事もない一つの日ですが、 改めて精進して仕事を行い、自分が招いてしまう「一瞬」ができるだけ少なくなるようがんばっていこうと 思っております。  

変わらない

発行日2019-10-25
よく、創造力のある人間を育てるなんてこと言いますが。 創造とは、ある意味無から有を作ること。常識はずれなことをすることですよね。 誰もができないと思っていたことを成し遂げるとか、 誰もがうまく行かないと思っていたことを成功させるとか。 誰もが思いつかないとか否定的だとかそんなことを成し遂げることを「創造」だとするならば 今の学校教育ではこの創造力はなかなか難しいですよね。だって誰もが否定的なことをさせることはないですから。 写真の壁画はラスコーの壁画が九州国立博物館にやってきたときに撮したものですが、この絵を書いた人たちは、きっと洞窟の中にいながら、草原を味わっていた。そんなイマジネーション、悪く言うと妄想力に長けていたんじゃないかと思います。 今の世の中、なかなか妄想できない。 食べたことない料理に出会ったら、ネットでレシピを見たら、ある程度のものは作れる。自分の舌を頼りに何が入っていたかを妄想することもない。 行ったことがないところに行こうとしたとき、どんな景色なんだろうと思ったとき、想像することもなくネットで写真を探してしまう。そこにも妄想はない。 何かそこには問題がありそうな気がするんですよね。 かくいう私も全く同じなんですけどね。どんどん創造しなくなっているし、記憶しなくなっている。 そんな毎日は、私の創造力をどんどん奪ってしまい、私の成長が止まる、つまり変わらない状態になってるような気がします。 落ちはないんですが、教育制度を大きく変えようとしていますが、そこにいる指導者たちはちゃんとついていけるんでしょうかね。会社も一緒ですね。環境がどんどん変わっていますが、そこにいる経営者はちゃんとついていけてるんでしょうかね。私を含めて。 お互いしっかりとがんばりましょう。  

あっという間じゃなかった30年

発行日2019-10-20
昨日は、卒業した大学のホームカミングデー。 毎年行われているようですが、卒業30年ということで初めて参加。 30年ほど前、そこで学んでいたわけですが、 まさか30年後にこんな人生になっているなんて、全く思いませんでしたね。 でも、まあこうやって大学に来て、普通の世界だったら雲の上の存在の方々と 昔のよしみで親しく話ができるのはいいですね。 (相手がいいと思っているかは別ですが) ほぼ現実感がないですね。はい。 北九州に戻ったら、ちゃんと現実に戻って、しっかりと頑張ります。 はい。